『執事 西園寺の名推理』が終わって二週間経っちゃいましたねぇ。

 とにかく上川さんの魅力をこれでもかって詰め込んだドラマだったように思いました、もともと発声も所作も美しい上川さんにはぴったりの役柄ですよね。西園寺執事の完璧さにはなんでもアリかいっ、とつっこみたくなったりもしましたが(笑) でも、さんざん攻撃させておいてからとかではなく瞬殺で相手を倒すアクションシーンとか、ストレス溜まらないのがいいですね、その手加減のない容赦ない瞬殺ぶりに西園寺の過去が垣間見えた気もしたりして。

 私、探偵役の凄さを全く理解できないキャラというのがめちゃくちゃ苦手なので(そのせいで挫折した有名小説シリーズもあったり)、このドラマの刑事みたいなんだかんだ言ってもちゃんと西園寺を認めてくれてるのもストレスなく見られてよかった。名探偵皆を集めてさてと言い、の前にちゃんと警察に話してるっぽいのもいいなーって思いました。
 最終話で丸山に「だが俺には・・ お前が殺人犯とはどーーしても思えない」と言われて、「丸山様・・」と返事をした西園寺の声がちょっと涙声っぽく聞こえたのは、信じて貰えた、というのが本当に嬉しかったんだろうなぁと思えて・・・。伊集院夫妻に出会うまで信じてもらえなくて辛い思いばかりの過去だったのかな、なんて思ったりもして。ラストで握手を求めるために西園寺が丸山に手を差し出したシーン、意外でしたけど、本当に心を許したってことなんだろうな、って思いました。第1話で丸山を嘲笑したのは大切な奥様をおばあちゃん扱いした仕返しもあったんだろうなぁ、なんて思い出したりもして。

 最終話は、電話ボックスのシーンがとにかく切なかった。電話をかけてみたものの無言でいることしかできなくて(警察がいるといけないから?)、受話器を置いてようやく言葉にできた、「畏まりました。奥様の・・・ 仰せのままに」のかすれ声があまりにも切なすぎて、あーもううるうる。

 結局よくわからないままだった西園寺の過去。でも、クランクアップ時のコメントを読むと絶対続編あるだろーと思えるのでつい期待しちゃいます。そのためにも八千草さんには少しでも長くお元気でいていただかなくては、ですね。

  
  
 
 そういえば、ドラマの放送日の午前に毎回ミニ番宣的なものがあるのに気づいて録画しておいたら、初回は長めの予告だったんですが、二話目以降は制作発表会見の映像が入っていたので本当にびっくりしました。これってテレビ愛知だけだったのかな? ツイッターでどこよりも早くテレビ愛知さんがツイートしてたのと関係アリ? 他に見たというツイートをみかけなかったので嘘だと思われたら嫌だなーってのもあったのと、動画撮影ってどうやるんだろ動画ってどうやってアップするんだろという興味もあって毎回ツイッターにアップしてたので、せっかくなのでここにもリンクをそれぞれ貼っておくことにしました。録画は残してあるけど一応、ね。円盤化してそこに収録してくださればよかったんですけどねー、円盤は出ないみたいだし。


   4月20日 上川隆也さん & 八千草薫さん
   4月27日 古谷一行さん & 里見浩太朗さん
   5月11日 佐藤二朗さん & 古谷一行さん (&上川隆也さん)
   5月18日 里見浩太朗さん & 岡本玲さん
   5月25日 もし上川さんが自分の執事だったら? その1
   6月 1日 もし上川さんが自分の執事だったら? その2
   6月 8日 上川隆也さん & 八千草薫さん
   

ψの悲劇

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。