『ペガサスの解は虚栄か?』(森博嗣・講談社タイガ)を読み終わりました。

 以下、ネタばれを含みつつ感想的なものを書いてみます。

  
  




 まさか、こんな展開になるとは、レギュラーとして登場しているキャラがこんなことをしでかすなんて本当に驚きました。森作品でこういうどろどろした感情が大きな動機になること自体、意外な気もしてしまったり。
 ウグイに、あんな普通の人みたいな感情があったのも意外で驚きました。もっと合理的で感情的にはならないイメージだったので。でも、ハギリとウグイがまた少しいい感じになってきたかな、ってのは嬉しかったです。

 ほぼ不老不死が達成された世界でも、そうか、体質的にその治療ができない人もいるんですね、いくらお金があっても。そして。さすがに物理的に燃え尽きてしまえば蘇生もできないわけで。リセットで中身が変わってしまったり、蘇生のついでに外見を変えてしまったりということはあっても、親しい人の死を現実に体験してハギリやウグイがどういう気持ちを持ったのか、というのも読みどころなのかな、とも思いました。
  

BG~身辺警護人~ 第7話まで

遺留捜査 第4シリーズ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。