NHKオンデマンドで、『功名が辻』を全話見終わりました。さすがに1年分49話は長いですね(笑) でもこれだけたっぷりあると、さすがに、あ・・見終わっちゃった・・・ という寂しさが。

 一豊のような、頭を使うのが苦手なキャラって上川さんには珍しいような気もするんですが。でも、個人的にちょっと苦手なはずなタイプのキャラなのに(演じているのが誰かというのは置いといて純粋にキャラとしてだけなら半兵衛や六平太の方が好きです)、上川さんが演じているせいかなんだかとってもかわいく思えました。拗ねたり、「ほう、そうなのか」みたいな表情とか、めっちゃツボです、ちゃ~んと、単純であまり頭がよさそうに見えないところがすごいです(笑) 千代との甘々なシーンも、きゅんというよりは微笑ましい感じでなんかかわいいんですよね。上川さんのラヴ・ストーリィを見るのは大好きなので、たっぷり味わえて満足でした。
 そして今回あらためて思ったのが、私は上川さんが相手役の涙を拭うときのあの手が大好きなんだ、ということ。なんか、色っぽさを感じてしまって。

 あと、一豊と石田三成のシーンは、あぁ大河の『毛利元就』を見ていたらもっと感慨があったんだろうな・・・なんて何度も思ってしまいました。

 ただ、私は大河ドラマを見るのって初めてだったんですけど、えっと、OPタイトル前のあの説明ってどの作品にもあるものなんでしょうか。あれって必要なの? 特に最初の方の回のは正直ドン引き・・・(汗) 第1話を再生したときは思わず番組を間違えたかと。
 

龍馬伝

デボラ、眠っているのか?

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)