『彼女は一人で歩くのか?』(森博嗣・講談社タイガ)、読み終わりました。

 以下、ネタばれを含みつつ感想のようなことを書いておきます。


   
  





     ***************
     ***************






 人工細胞というのは、iPSとかESとかのもっとすごいやつ、という認識でいいんですよね。で生きたウォーカロンというのはクロン(森博嗣的表記)という意味でいい? 時代設定はたぶん、『女王の百年密室』&『迷宮百年の睡魔』から100年ほど後、ってことですよね。でも、今から150年ほど(技術が普及したのはそれくらいの設定なのかなと)でここまでのことが可能なのかな?と思ってしまいました。まぁSFだしそこまで本気で考えることもないんでしょうけど。治療費さえあればほぼ不老不死が可能になった世界・・・ 読みながらなんとなく『スカイ・クロラ』シリーズのことを思い出してました。似たような世界なのかも、なんて。何百年も生きるなんて、やっぱり退屈だろうなぁとは思います。老いないということは引退というか隠居というかそういう概念もなくなってしまってしまうわけで。生涯現役でいたいと思っている人だって、何百年ともなるとやっぱり精神的に疲れてしまいそう。そういう精神崩壊の可能性については作中でも触れられていましたね。確実に終わりを迎えるためには「復活させないでくれ」という遺言を残さないといけなくて。で、その人を愛している人が悩む、ということもありそう。
 基本的に恋愛要素があってくれた方が嬉しかったりするので、今後ハギリとウグイの間にラヴが発生することをつい期待してしまう。ボディガードと守られる側のラヴ・ストーリィというのは定番なんですけどね。

 日本の首都がサッポロになっていたのはやっぱり、温暖化のせいなんでしょうねー。ハギリが連れてこられて研究所のある場所はひょっとして ろ/っか//ょ む/ら?とか思ってしまいました。地下深くに核廃棄物が・・・ってあったし、位置的に青森っぽかったし・・・・。

 登場人物紹介ページにリョウという名前をみたときは北条ファンとしてどきっとしてしまいました、だって『女王の~』&『迷宮百年~』の主人公の姓がサエバだったしぃ(笑) 読んでく途中でこれはファミリィネームの方なのかな、とはなんとなく気付きましたけど、でもやっぱりどきどきしちゃいますよね。

 このシリーズはそんなに待たなくても次が読めそうなのが嬉しいです♪ 楽しみだー。
 

ドラマ『エンジェル・ハート』 4

ドラマ『エンジェル・ハート』 3

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。