終わっちゃいましたねー、今期の『遺留捜査』。

 舞台が京都になってレギュラー陣も一新される、と知ったときはすっごく寂しかったですけど・・・ 今になってみれば、そのおかげで某女優さんのふりんそーどーに巻き込まれずに済んだわけで。タイミング的には偶然でしょうけど、テレ朝的には「変えておいてよかったぁ」と胸を撫で下ろしてたりして(笑)

 今シリーズは、とにかく糸村&村木推しのストーリィでしたよね、妄想してくださいと言わんばかりの(笑) あのハイヒールだって絶対村木さんに履かせたくて探しまくったんですよ、目を逸らしたのがその証拠!
 ただ村木さんの出番が増えたせいか他のレギュラー陣の印象が薄くなってしまったような気も。

 他の役のときとは全く違う、声も喋り方も動きも表情もかわいい上川糸村さん。どうしてあんなにかわいくなれるんでしょうねー。

 (東京で)第2話以外二桁視聴率取れたみたいですし、及第点ですよね、絶対新作も放送してもらえますよね! その場合村木さんの設定をどうするかなんですけどね・・・ ま、なんとかしてくれるでしょ。
  
スポンサーサイト

 『松本清張・最終章 わるいやつら』というドラマが無料配信されていた(『黒革の手帖』&『遺留捜査』のPR?)ので、久しぶりに見てみました。

 前に見たのはまだ上川隆也さんに嵌まりかけの頃(他の出演作もちょっと見てみようかな・・?と興味が湧きかけた頃)だったのですが、完全に嵌まった今見たら、あの頃よりもっとこのドラマを好きだと思えた気がしました。ストーリィがわかってるので心の準備をしながらじっくり味わえた、というのもあるかもしれませんけどね。

 上川さんの口からこれでもかってくらい甘いセリフが吐かれまくりだったり(その声がまた甘くっていいんだ)、女性を抱き締めるシーンやキスシーンもいっぱいだったり、他では見られない演技が堪能できるのがいいんですよねー♡ 上川さんの体温を妄想しそうになっちゃったりしてどきどき。
 女を落とすために心にもない甘い言葉で口説いたり、自分のしてることが悪いことだという自覚が全くない、同情の余地が全くないクズな役なんですけど、でも上川さんが演じているのを見ているとそこまで嫌な気持ちにならないのは欲目のせい? セチに甘えるような口調がまたかわいいんですよねー♡
 そんな戸谷が最後に報いを受け、すべてをなくし茫然自失、みたいな姿がまたいいんですよね。上川さんの出演しているいろんな作品を見るようになって、大杉連さんとの共演もいろいろ見てきた状態でこの作品をみるとまた別の感慨があったりして。上川さんが悪役で取り調べる刑事役が大杉さん、というのが、なんだか面白いな、なんて。
 豊美が「嘱託殺人だ」と言い張ったのは、戸谷が自分に逆らえなくするため? あのラスト、たぶんもう戸谷は生きてはいないんでしょうね・・。自分がされたように豊美が彼の首を絞めて殺したのか、それとも自ら命を絶つよう命じたのか・・ それとも逆に戸谷自身が殺してくれと豊美に頼んだのか・・・・。どのパターンもありだな、って思えてきます。

 とにかく、見てよかったと思えました。名古屋弁がなんか変だったり(アクセントとか発音とか)、ベッドシーンがもっと濃厚でもよかったなとか、はありますけどね(笑) いい人の役もいいんですけど、こういう色気のある役を演じる上川さん、もっと見てみたいなぁ。
  

 ドラマが終わって一週間ですね。ストーリィは置いといて(え?)、上川さんのいろんな魅力がいっぱいで眼福耳福でした♡ メインのフードつきの衣装はもちろん、割烹着とかイソドンとかキノコとか(笑) あの髪型(後半『遺留捜査』の撮影と重なってたみたいなので、たぶんカツラ)も可愛かったし♪ この役に上川さんをキャスティングしてくださってありがとう、引き受けてくださった上川さんありがとう、って気持ちでいっぱいです。基本地声で演じてらして、その美声にもどきどきで、あぁ苦しい。明るい表情、儚げな愁いのある表情、ごちそうさまでした。
 そして・・ 嫌な予感はあったんですが、やっぱり円盤にはならないんですね・・・。一応HDDには録画してあるんですけど、調子がいまいちでDVDへのダビングがうまくいかないみたいだから・・・ 将来的にはFODで見るしかなくなるんだろうなぁ。
 視聴率。枠だけでなく、事前の宣伝でえむだのえすだのヲタだのって言葉を使ったのがいけなかったんじゃないのかなぁとも思ってみたり。それで引いちゃった人たちもいるんだろうなぁ、と。


 最後に。最終話の会話から一部書き出してみたりして。

磯崎
「なんとなくとか・・流されてとかよく言うけど、でも・・結局それ全部自分で選んでるんだよねぇ。で、選んだからには、つらくても後悔しても、進むしかない。舘脇くんみたいに」
舘脇
「でも、今はよかったなって思ってます。やめなくて」
磯崎
「もがいたことが糧になったってわけだ」
舘脇
「ですかね・・」
磯崎
「そう考えると・・ 全部収まるところに収まるのかもしれないなぁ」
  

 Angel Heartの連載、終わっちゃいましたね・・。
 長期連載で、なんか、ずっと終わらないんじゃないかと思ってしまうほど日常になっていたので、まだ実感がないというか、不思議なカンジ。
 ラストの、キャラクタたちのその後を描いたサイレント、上川隆也さんがツイートでおっしゃっていたようにまさに「物語はまだ、終わらない」ですよね。海ちゃんと葉月のその後が描かれたのも嬉しかったー、ずっと登場しないからこのまま忘れられた存在になってしまうのかと思ったww 信宏と香瑩もちょっぴり進展したっぽかったし。
 本当は、夏目さんが再登場する話も読んでみたかったんだけどなー。なんて。

 最終ページ、City Hunterと同じような構図でしたけど、リョウ&香瑩ではなく香&香瑩だったのが、いいなぁ。

 とにかく。北条さん、お疲れ様でした。
  

 上川隆也さんの新しいお仕事についての情報が入ってこない日々が続いていてずっと不安だったんですが、ようやく来ましたね、連ドラの情報が! 『櫻子さんの足元には死体が埋まっている』への出演を昨日の朝に知って以来、なんだか心の中がずっと浮かれてるカンジです。観月ありささんの主演だと知ったときからずっと、せっかくこないだまで舞台で共演していたんだし上川さんもレギュラー出演だったら面白いのに、って心の中で思ってはいたんですけど、まさか本当にそうなるとはびっくりで嬉しい。枠的に、内容が叩かれることも一応覚悟はしているのですが(原作とはけっこう設定が違っているようですし)、今くらいは期待に胸膨らませていてもいいですよね。実際にドラマが始まった後も、自分の気持ちを信じて楽しめていけたらいいなぁ。

 記事とか読んでいると、上川さん演じる磯崎はなんだかすっごく私好みな雰囲気で。探偵役キャラのすごさをの理解できないキャラクタって苦手なんですけど磯崎はそうではなさそうだし。珍しい品種の植物を目の前にしてテンションが上がる姿とか絶対かわいいですよね♡♡ ラフな衣装もいい感じ。櫻子とのやりとりも面白そうだしそれも楽しみです。ていうか、上川さんてプライベートが謎に包まれた役多くありません?

 フジ系ドラマってことで、番宣も楽しみです~。vs嵐でボタン押しながら壁登るやつとかやってほしいなぁ。ネプリーグも番宣チームよく出てますよね、ただこれは上川さん以外の4人でという可能性もあるわけで・・・上川さんがクイズ番組に出る姿も見たいんだけどなぁ。あとはTOKIOカケルとかも出てくれたら嬉しい! 主役じゃないからどこまで番宣に参加されるかはわからないですけど・・ わくわく。あぁそうだ、めちゃイケとかは出そうな気がする!
 

  
 TwitterのTLで見かけたしゃべくり007の動画。何年前のものだろう・・。
 一応ふぁぼってはおいたんだけど、過去に流れていってしまうと辿るのが面倒になるんで自分用にリンク貼っておこうかな、って。


   その1   その2   その3 


 なんというのか、ドラマとか舞台とかと違ってキャラクタを演じているのではなく上川隆也さん自身のまま演じているせいか、すっごいリアルで本当にこんふうな告白をしたことがあるんじゃないかと思えてしまってなんか見てて&聞いてて顔が熱くなってしまった(ぱたぱた)。
   

 全話見ようか迷ったんですけど、NHKオンデマンドの『龍馬伝』は、見るのは結局上川隆也さんの出演されてる回だけにしてしまいました(それ以外はあらすじを読むだけにした)。第3部と第4部を全話OPでキャストを確認して、名前があった回を見るようにしたのでたぶん出演回はすべて見られたはず。


   第31回 西郷はまだか     第32回 狙われた龍馬
   第41回 さらば高杉晋作    第43回 船中八策
   第47回 大政奉還       第48回 龍の魂   


 出番はこれだけなんですね・・ もっと見たかったなぁ。
 もう、あいかわらず上川さんの出演シーンになるたびにどきっとしながら見たり声を聞いたりしていた私でした。





 あーそういえば、OP前のあの説明部分は、『龍馬伝』にはなかったので、やっぱり『功名が辻』だけの演出だったってことでしょうか・・。だったらよけいに、あれって必要?と思えてしまう。
 

 NHKオンデマンドで、『功名が辻』を全話見終わりました。さすがに1年分49話は長いですね(笑) でもこれだけたっぷりあると、さすがに、あ・・見終わっちゃった・・・ という寂しさが。

 一豊のような、頭を使うのが苦手なキャラって上川さんには珍しいような気もするんですが。でも、個人的にちょっと苦手なはずなタイプのキャラなのに(演じているのが誰かというのは置いといて純粋にキャラとしてだけなら半兵衛や六平太の方が好きです)、上川さんが演じているせいかなんだかとってもかわいく思えました。拗ねたり、「ほう、そうなのか」みたいな表情とか、めっちゃツボです、ちゃ~んと、単純であまり頭がよさそうに見えないところがすごいです(笑) 千代との甘々なシーンも、きゅんというよりは微笑ましい感じでなんかかわいいんですよね。上川さんのラヴ・ストーリィを見るのは大好きなので、たっぷり味わえて満足でした。
 そして今回あらためて思ったのが、私は上川さんが相手役の涙を拭うときのあの手が大好きなんだ、ということ。なんか、色っぽさを感じてしまって。

 あと、一豊と石田三成のシーンは、あぁ大河の『毛利元就』を見ていたらもっと感慨があったんだろうな・・・なんて何度も思ってしまいました。

 ただ、私は大河ドラマを見るのって初めてだったんですけど、えっと、OPタイトル前のあの説明ってどの作品にもあるものなんでしょうか。あれって必要なの? 特に最初の方の回のは正直ドン引き・・・(汗) 第1話を再生したときは思わず番組を間違えたかと。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。